menu

コンテンツ一覧

チャイナ服を着ている女性

「ガールズバーで働くならまずはおためし体験入店から!」のコンテンツ一覧です。

read more »

楽しく稼げる仕事

麦わら帽子をかぶっている女性

女の子とお酒を楽しむ

ガールズバーと聞けば、どんなものをイメージするだろうか。はっきりとイメージできなかったり、あまり良いイメージを持っていない人等、いろんな人がいることだろう。
一般的にガールズバーとは、バーテンダーを含めた店員が全員女性であるショットバーのことを指している。女性店員とカウンターを挟んで会話を楽しみ、お酒をたしなむお店である。通常のショットバーに比べて、本格的なお酒を楽しめるガールズバーは少ないが、ガールズバーの楽しみは女性店員であることが多い。女性と会話を楽しみながら、というのがポイントなのである。

女性との会話とお酒を楽しむお店と言えば、キャバクラの方がイメージが強いかもしれない。キャバクラと違うところは、客と店員が同席しないところにある。キャバクラは客と店員が一緒に席に座り、いわゆる接待を行う場である。対してガールズバーは、客と店員が同席することはない。女性店員はカウンターから出てくることがないのだ。また、キャバクラではドレス姿であることが多いが、ガールズバーの店員の服用は店によって様々である。メイド服等のコスプレ姿であるお店や、しっかりとした制服を着用しているお店もある。
また、キャバクラでは客がキャバ嬢の飲み物の料金を払う必要があるが、ガールズバーではそういった制度はない。純粋に客がお酒を楽しむことができるお店なのである。



ガールズバーの料金制度

ガールズバーの多くは、テーブルチャージ制度をとっている。チャージ制とは、その席に対して一定時間の所有権を購入するという制度である。料金が発生している間は、その席は料金を支払った客のものであるという証明になるのだ。それとは別にドリンク代を請求するところや、チャージ料の中に飲み放題の代金が含まれているお店等、その形態は様々だ。ドリンク一つずつに対して料金を支払う必要があるところや、メニュー内の決められたドリンクは飲み放題としているところがあるので、お店に訪れる前にホームページ等で料金制度は確認しておいた方が良いだろう。

チャージ料のほかに、サービス料が含まれている場合もある。これは最後の合計金額の5~10%の料金がプラスされるシステムだ。サービス料はあるお店とないお店があるので、これも会計の際や入店前に確認しておく必要があるだろう。
そのほか、店内でカラオケを有料で楽しめたり、ダーツを楽しむことができるお店もある。しかし楽しむのは客が主体であり、店員が接待をするように一緒に楽しむことはあまりない。お店の方針によって変わってくるので、実際にお店に訪れてみないとわからないことはたくさんある。

ガールズバーで働くには

通常のショットバーと違うところは、店内の雰囲気と店員が全員女性であることくらいである。ショットバーと違って本格的なお酒が楽しむことを主旨としていないので、メインは店員との会話を楽しむことであることが多い。

そんなガールズバーでも、求人を出していることが多い。ガールズバーで働いている女性たちは、存外自由なシフトを組んでいることが多い。固定のレギュラーで勤務している人は少なく、1週間に1度入っているかどうか、といった働き方をしている人もいる。
なので、店員の数は多ければ多いほど店としても助かるのだ。ガールズバーの営業時間は、夕方から翌明け方まで開いているお店が多いので、その時間帯によって働ける女性はまちまちだろう。しかし週末や繁盛記には、閉店間際であっても客足が絶えないといった場合もあるので、そんな時のためにできるだけ多くの店員を募集しているとも考えられる。

ここからは、ガールズバーで働くことを考えている人のために、少し詳しく説明していこうと思う。

風俗ではない

腕時計をしている女性

ガールズバーは風俗やキャバクラではない。客の隣に座って接待することは認められておらず、店外サービスを行っていることもない。そういったことを強要された場合には、すぐに報告する必要がある。

read more »

送迎してくれるお店も

ショートカットの女性

ガールズバーは繁華街に位置していることが多く、閉店のあとに女性が一人で帰るのは危険である。お店によっては、自宅まで送り届けてくれたり、出勤の際も家まで迎えに来てくれる制度をとっているので、利用しよう。

read more »